03-3464-9333
(平日9:00~18:00)

週刊税務調査日記

2人の調査官(3)

第379号 2011/8/12

退職した従業員が経費の精算で不正を働いたということを聞いて、リーダー調査官の目が光りました。

●税務署

「経費の精算書を過去2年分用意していただけますか?」

▲納税者

「はい・・・」

「でも、他の領収書などと一緒に綴じてますので、精算書だけを抜き出すことはできないのですが?」

●税務署

「結構ですよ」

「領収書綴りを出していただければ、こちらで抜き出しますから」

▲納税者

「分かりました、用意します」

過去2年分の領収書綴りということで、税務調査が行われている会議室に膨大な量の領収書綴りが運び込まれました。

●税務署

「すごい量ですね」

▲納税者

「そうなんです」

「もう保管する場所がなくて・・・」

●税務署

「では、さっそく見させていただきます」

「一緒にやってもらえますか?」

稟議書類をぱらぱらめくっているサブ調査官に指示をします。

▲納税者

「わ~ すごいスピード」

リーダー調査官は、領収書綴りを滑り止めのゴムサックをつけた指でパパッとめくり、対象となる精算書が見つかると素早く付箋を貼っていきます。

一方、サブ調査官は明らかにやる気がなく、領収書綴りをぱらぱら一枚づつのんびりとめくっています。

2人の調査官は、ほぼ同世代の入社でしょう。50歳の後半でしょうか。

リーダー調査官は、やる気満々で闘志さえ見えます。

しかし、サブ調査官は見るからにやる気がなく、覇気が見えません。

定年までこのまま行けばいいや、といった感じです。

領収書綴りのチェックは翌日も行われました。

●税務署

「すみません。この付箋を付けた精算書のコピーをお願いしたいのですが」

▲納税者

「わかりました」

●税務署

「コピーを頼むものはないのですか?」

リーダー調査官がサブ調査官に聞いていますが、サブ調査官のチェックした領収書綴りはほんの少しで、付箋は一枚も貼っていませんでした。

「ありません」

公認会計士・税理士・行政書士
井上 修
◆発行 アトラス総合事務所

無断転用・転載を禁止します。

本メールマガジンに掲載されている著作物に対する以下の行為は、著作権法上禁止されており、著作権侵害になります。

  • ○著作物を、私的利用の範囲を超えて権利者の許可なく複製する行為
  • ○著作物を、インターネット上で公衆が取得可能な状態にする行為
  • ○著作物の全部もしくは一部を権利者の許可なく改変する行為