03-3464-9333
(平日9:00~18:00)

週刊税務調査日記

発生主義にこだわる調査 (2)

第421号 2015/8/31

●税務署

「売上の入金が請求書を出してから1年も後なんて通常は考えられないですよね?」

★納税者

「確かにそうですが、現実にそうなっていますから」

●税務署

「何で、そんなに遅いのですか?」

★納税者

「分譲した住宅が売れてから支払いがあるためこうなるのです」

●税務署

「お金が入ってから支払いがあるということですね?」

★納税者

「そのとおりです」

●税務署

「かなり前からですか?」

★納税者

「私が独立した時からです」

●税務署

「へ~」

「もしかして、売上の計上はお金が入ってからということですか?」

★納税者

「そうですよ」

●税務署

「入金ベースということですね」

「税務署としては、それでは困るのですけど」

★納税者

「え~ 何で税務署が困るのですか?」

●税務署

「請求時に売上を立てていただくことになっているのです」

★納税者

「請求書を出した時ですか?」

●税務署

「そうです」

「厳密には、設計の作業が完了して納品した時です」

★納税者

「・・・」

■会計事務所

「確かに理屈上は税務署の言う通りですが、それはあくまでも原則論ですよね」

「今回のような実態の場合には、この原則論は通じないと思いますよ」

  つづく

公認会計士・税理士・行政書士
井上 修
◆発行 アトラス総合事務所

無断転用・転載を禁止します。

本メールマガジンに掲載されている著作物に対する以下の行為は、著作権法上禁止されており、著作権侵害になります。

  • ○著作物を、私的利用の範囲を超えて権利者の許可なく複製する行為
  • ○著作物を、インターネット上で公衆が取得可能な状態にする行為
  • ○著作物の全部もしくは一部を権利者の許可なく改変する行為