03-3464-9333
(平日9:00~18:00)

週刊税務調査日記

売上計上でもめた調査(4)

第406号 2014/6/20

売上の計上基準で意見が対立しました。

商品を販売してから2ヶ月後に代金が入金されるような、通常の場合であれば入金時に売上計上するのは問題があります。

商品の販売時に請求権は確定し、その裏付けとしての現金等価物が遅滞なく入金されるのであれば、販売時に売上を計上して課税されても問題はありません。

しかし、今回のケースのように、請求書を出しても半年以上入金がないケースでは、私見ですが入金時に売上計上する方が実態を反映しているように思います。

建設業界では6か月サイトの手形での代金の支払いなどがあるようですが、それでも手形は換金可能ですので、今回のケースとは違います。

今回の調査では、最終的に入金ベースでの売上計上に関しては何も触れられませんでした。

税務署内部でも、「このケースは仕方ないな・・・・」という具合で終息したのではないかと思います。

             おわり

公認会計士・税理士・行政書士
井上 修
◆発行 アトラス総合事務所

無断転用・転載を禁止します。

本メールマガジンに掲載されている著作物に対する以下の行為は、著作権法上禁止されており、著作権侵害になります。

  • ○著作物を、私的利用の範囲を超えて権利者の許可なく複製する行為
  • ○著作物を、インターネット上で公衆が取得可能な状態にする行為
  • ○著作物の全部もしくは一部を権利者の許可なく改変する行為