03-3464-9333
(平日9:00~18:00)

週刊税務調査日記

消費税輸出免税が問題になった調査(1)

第383号 2012/4/20

海外に高級陶磁器を販売している会社に調査が入りました。

●税務署

「消費税の申告書を見ると、消費税の輸出免税を受けていますね?」

▲納税者

「ええ、私の作品を海外のコレクターに販売していますから」

●税務署

「輸出免税を受けるには、輸出許可書や輸出申告控といった書類の保存が必要ですが、ありますか?」

▲納税者

「ほとんどありますが、ないものもあります」

●税務署

「ないと消費税の輸出免税を受けられませんよ」

▲納税者

「え~」

●税務署

「何でないのですか?」

▲納税者

「海外のお客さんが、直接国内の輸出業者を手配して商品を海外に送ってしまうからです」

●税務署

「ん~ そうなんですか」

▲納税者

「でも、当社が輸出しているのに変わりはありませんよ」

●税務署

「いや~ 証明書がないと輸出免税は認められないと条文に書いてあるからダメだと思いますよ」

▲納税者

「え~ 輸出業者を当社が手配するのか、お客様が手配するのかで、消費税の扱いが変わってしまうのですか?」

●税務署

「そうなると思いますけど・・・」

▲納税者

「そんなのおかしいでしょう?」

●税務署

「でも、税法に従うとそうなりますから」

「署に持ち帰って検討させてください」

づづく

公認会計士・税理士・行政書士
井上 修
◆発行 アトラス総合事務所

無断転用・転載を禁止します。

本メールマガジンに掲載されている著作物に対する以下の行為は、著作権法上禁止されており、著作権侵害になります。

  • ○著作物を、私的利用の範囲を超えて権利者の許可なく複製する行為
  • ○著作物を、インターネット上で公衆が取得可能な状態にする行為
  • ○著作物の全部もしくは一部を権利者の許可なく改変する行為