03-3464-9333
(平日9:00~18:00)

週刊税務調査日記

株価が問題になった調査 (2)

第330号 2009/1/19

3月決算で、3月30日に4月1日から翌年の3月31日分の家賃を支払ったところ、支払日から1年を超えたサービスが対象となっているので、短期前払費用の規定を使って全額支払期の損金にならないとの指摘を調査官から受けました。

確かに通達の規定では調査官の言うとおりになっています。

しかし、税務の書籍では「期間が1年を超えていても数日程度であれば適用に問題はない」との記載がされており、実務においてもこの取扱がされています。

調査官は、このことを知らないようです。

■会計事務所

「数日程度でしたら1年を超えていても問題ないはずですが?」

●税務署

「そんなことはないでしょう?」

「法人税基本通達にはそう書いてありますから」

■会計事務所

「税法の問答集にも明確に記載されていますよ?」

●税務署

「・・・・」

■会計事務所

「確認していただけますか?」

●税務署

「では、審理に電話して確認してみましょう」

と言って、携帯電話で税務署に確認しています。

■会計事務所

「どうでした?」

●税務署

「先生のおっしゃるとおりですね・・・」

「実務の取扱上では、数日程度なら認めているようです・・・」

■会計事務所

「あ~良かった」

「これがダメだと言われたら、我々が困ってしまいます・・・」

つづく

公認会計士・税理士・行政書士
井上 修
◆発行 アトラス総合事務所

無断転用・転載を禁止します。

本メールマガジンに掲載されている著作物に対する以下の行為は、著作権法上禁止されており、著作権侵害になります。

  • ○著作物を、私的利用の範囲を超えて権利者の許可なく複製する行為
  • ○著作物を、インターネット上で公衆が取得可能な状態にする行為
  • ○著作物の全部もしくは一部を権利者の許可なく改変する行為