03-3464-9333
(平日9:00~18:00)

週刊税務調査日記

外注費と税務調査 (1)

第294号 2008/2/25

税務調査では、外注費は注目の的です。

特に多額の外注費が損益計算書に計上されていると、まず調査の対象として内容を聞かれます。

●税務署

「外注費が多額に計上されていますが、どのような内容の外注ですか?」

▲納税者

「当社は、映像制作の会社ですから、カメラマンや音響さんとかへの支払がその内容です」

●税務署

「支払先は個人ですか、法人ですか?」

▲納税者

「両方あります」

●税務署

「では、1年分の外注先からの請求書と、その支払いの記録を見せてください?」

▲納税者

「分かりました」

調査官は、外注先からの請求書とそれに対する支払いの記録を照らし合わせながら見ています。

●税務署

「ん~ 個人の外注に対して、源泉所得税を取っていませんね」

▲納税者

「源泉所得税ですか・・・」

●税務署

「請求額の10%を源泉所得税として天引きして外注先に支払わないといけません」

「そして、天引きした源泉所得税は翌月10日までに金融機関などで納税する必要があるのです」

▲納税者

「は~ そうなんですか」

「で、どうすればよいのですか?」

●税務署

「これからは、必ず源泉徴収をしてください」

▲納税者

「過去の分は?」

●税務署

「今年の分ですでに外注先に支払いをしてしまったものに対しては、できたら源泉所得税の分だけ返してもらってください」

▲納税者

「え~いまさらそんなことできないです・・・」

●税務署

「それと不納付加算税というペナルティーも課税されますから」

▲納税者

「どのくらいのペナルティーですか?」

●税務署

「納税額の10%です」

▲納税者

「ひぇー 社長に怒られる」

つづく

公認会計士・税理士・行政書士
井上 修
◆発行 アトラス総合事務所

無断転用・転載を禁止します。

本メールマガジンに掲載されている著作物に対する以下の行為は、著作権法上禁止されており、著作権侵害になります。

  • ○著作物を、私的利用の範囲を超えて権利者の許可なく複製する行為
  • ○著作物を、インターネット上で公衆が取得可能な状態にする行為
  • ○著作物の全部もしくは一部を権利者の許可なく改変する行為