03-3464-9333
(平日9:00~18:00)

週刊税務調査日記

青色申告特別控除の調査 (5)

第220号 2006/8/7

晴海税務署の担当者は、かなり強引な態度で修正申告を要求してきています。

事務所の三島が銀座税務署の担当者に「晴海税務署では今まで何も指摘されていないのに、銀座で指摘するのはおかしい!」と言ったことから、銀座から晴海へ連絡が行き、晴海では立場上、強引にでも納税者に修正申告をさせないと、まずいことになったのでしょう。

■会計事務所(三島)

「自主的に今修正申告をすれば昨年度だけの修正申告でOKで、そうでないと税務調査をして過去3年間分の修正申告をさせるなんて、税務署の人が言うのはおかしいと思います」

■会計事務所(所長)

「そのとおり」

「今俺たちの言うことを聞いて修正をかければ1年分で許してやるが、そうでなければ納税者のところに調査に行って、徹底的にやって3年間分修正させるぞ!と言っているのと同じだね」

■会計事務所(三島)

「そうですよね」

■会計事務所(所長)

「それに修正申告の対象となっている納税者は亡くなっているんだからね」

「亡くなった人がどのように貸家を管理していたかということも把握しないで、やれ修正しろ!そうでなければ調査するぞ!とは何事かね?」

■会計事務所(三島)

「本当ですよね」

「なんかおかしいですよね」

「税務署ってこんなことを日常的にしているのですかね?」

■会計事務所(所長)

「日常的にしているかどうかは分からないけれど、こんなことを会計事務所に言ってくるってこと自体、普通じゃないよね」

■会計事務所(三島)

「私が、銀座税務署に、晴海税務署では何も指摘されていないのにおかしい!って言ったのがいけなかったのですかね・・・」

■会計事務所(所長)

「そんなことはないよ」

「おかしいことは、おかしいんだから」

■会計事務所(三島)

「税務署同士の揉め事を安易に納税者の方へ持って来られて、パワープレーでごり押しされたらたまらないですよね?」

■会計事務所(所長)

「そのとおり」

「内輪もめは、そっちで解決してもらわないと」

■会計事務所(三島)

「ところで、こちらから納税者と相談して連絡をくれって言っていましたけれど、どうしますか?」

■会計事務所(所長)

「別に何も動かないで、税務署のこれからの出方を見ようよ」

「こんなことで納税者を不安にさせても仕方ない」

■会計事務所(三島)

「そうですね」

「私からは電話しませんから」

■会計事務所(所長)

「うん、そうしよう」

To be continued

明日8月8日(火)午前8:30~9:30の間くらいにテレビ朝日のスパーモーニングで私のインタビューの状況が放映されます。

お時間のある方は、ぜひご覧になってください。

なお、事業経営におけるトピックな話題をアトラスNEWSで配信しておりますので、ぜひご覧下さい。

公認会計士・税理士・行政書士
井上 修
◆発行 アトラス総合事務所

無断転用・転載を禁止します。

本メールマガジンに掲載されている著作物に対する以下の行為は、著作権法上禁止されており、著作権侵害になります。

  • ○著作物を、私的利用の範囲を超えて権利者の許可なく複製する行為
  • ○著作物を、インターネット上で公衆が取得可能な状態にする行為
  • ○著作物の全部もしくは一部を権利者の許可なく改変する行為