03-3464-9333
(平日9:00~18:00)

週刊税務調査日記

ソフトウエア製作会社の調査(5)

第171号 2005/8/15

自社で使うソフトウエアの製作費用を、外注費として経費で計上していたことから、また調査官に指摘されてしまいました。

次にどんな指摘をされるのか心配です・・・・

●税務署

「賃金台帳を見せていただけますか?」

▲納税者

「はい、分かりました」

これが当社の賃金台帳です。

●税務署

「給与計算は、どなたが担当しているのですか?」

▲納税者

「私です」

●税務署

「この賃金台帳はコンピュータでの打ち出しですが、給与計算のソフトは何をお使いですか?」

▲納税者

「誰でもできる給与計算というソフトです」

●税務署

「は~ そうですか」

「あまり聞いたことはありませんね・・・」

▲納税者

「ええ、かなり安いソフトでしたから・・・」

●税務署

「何年前に買ったのですか?」

▲納税者

「もう、5年前になります」

●税務署

「バージョンアップはされているのですか?」

▲納税者

「いいえ、サポート契約をしていませんので買ってから1回もバージョンアップはしていません」

●税務署

「数年前、給与の源泉徴収税率が変わったのですけれど、それも反映されていないですね?」

▲納税者

「たぶん」

●税務署

それを聞くと、調査官は賃金台帳で計算されている源泉徴収税額を電卓でたたいて検証しています。

「あぁ やっぱり徴収税額が少ないですね・・・」

▲納税者

「少ないですか?」

●税務署

「源泉所得税の徴収漏れということになると、不納付加算税というペナルティーが付いてしまいますよ」

▲納税者

「え~ そんなのが付いちゃうんですか?」

給与計算のソフトは、ちゃんとサポート契約に入って、税制改正や社会保険、労働保険の改正のつどバージョンアップ版が送られてくるようにしなければなりません。

少しのお金をケチって、このようなことを調査官に指摘されてはいけません。

源泉所得税の徴収不足は、金額が小さいこともあり、また他にも指摘事項がたくさんあったことから調査官に目をつぶってもらいました。

そして、たくさんの修正事項をもらって調査は終了したのであります。

トホホ・・・

公認会計士・税理士・行政書士
井上 修
◆発行 アトラス総合事務所

無断転用・転載を禁止します。

本メールマガジンに掲載されている著作物に対する以下の行為は、著作権法上禁止されており、著作権侵害になります。

  • ○著作物を、私的利用の範囲を超えて権利者の許可なく複製する行為
  • ○著作物を、インターネット上で公衆が取得可能な状態にする行為
  • ○著作物の全部もしくは一部を権利者の許可なく改変する行為