03-3464-9333
(平日9:00~18:00)

週刊税務調査日記

国税局OB先生立会いの税務調査 (4)

第135号 2004/11/8

OB先生との昼食も終わり、午後から帳簿調査の開始です。

●税務署

「総勘定元帳と請求書の控を用意してください」

▲納税者

「わかりました」

しばらくすると、女性事務員が帳簿と請求書の控を抱えて持ってきました。

若い調査官はさっそく帳簿調査の開始です。

一方、統括官はというと・・・案の定、OB先生に捕まっています。

◆OB先生

「彼はどうしている、彼は?」

●税務署(統括官)

「ええ、××さんは元気にやっていますよ」

◆OB先生

「へ~、そうかい。こんどゴルフに行こうって言っておいて」

●税務署(統括官)

「はい、分かりました。申し伝えます。」

◆OB先生

「で、彼はどうした?」

こんな調子でOB先生は昔の仲間の話に夢中です。

応対している統括官はまだ緊張した様子で受け答えをしています。

どちらが税務調査を受けているのか分からない状態です。

●税務署

「あの~ この取引の領収書を見せていただけますか?」

▲納税者

「分かりました」と言って女性事務員に内線電話を掛けています。

女性事務員が持ってきた領収書を若い調査官は一生懸命に調べています。

●税務署(統括官)

「では先生、私は局に戻らなければなりませんので、これで失礼いたします」

◆OB先生

「えっ。もう帰っちゃうの?」

●税務署(統括官)

「すみません。会議があるもので・・・」

  と言って統括官は帰っていきました。

◆OB先生

「なんだ・・・、じゃ先生、私も失礼するから!」

  と言ってOB先生もお帰りです。

会社の経理担当者と一緒にエレベーターホールまでお見送りに行きます。

OB先生は満足げに帰っていきました。

▲納税者

「先生、さすがにOB先生の威力はすごいもんですね?」

■会計事務所

「そうですね」

「いつもは敵である調査官がなんだかかわいそうになっちゃうよね」

▲納税者

「そうですね」

「かなり、やりにくそうですね」

部屋に戻ると若い調査官は帳簿調査に没頭しています。

■会計事務所

「OB先生がいると調査もやりにくいでしょう?」

●税務署

「ん・・・確かに・・・そうは言えますよね」

■会計事務所

「お茶にしましょうか?」

「一息入れましょう」

●税務署

「はい。は~~」と深いため息を若い調査官はつくのでありました。

本当にご苦労サンです。

To be continued 

公認会計士・税理士・行政書士
井上 修
◆発行 アトラス総合事務所

無断転用・転載を禁止します。

本メールマガジンに掲載されている著作物に対する以下の行為は、著作権法上禁止されており、著作権侵害になります。

  • ○著作物を、私的利用の範囲を超えて権利者の許可なく複製する行為
  • ○著作物を、インターネット上で公衆が取得可能な状態にする行為
  • ○著作物の全部もしくは一部を権利者の許可なく改変する行為