03-3464-9333
(平日9:00~18:00)

週刊税務調査日記

思いも寄らない調査(1)

第68号 2003/7/7

朝10時過ぎに「先生、○○商事の××さんから電話です」と社員から声がかかりました。

○○商事は、顧問契約はしていないお客様で、めったに電話連絡はないのですが、珍しいことです。

毎月の経理は行政書士さんがやっていて、決算になると試算表から決算処理をして決算書と税務申告書をこちらで作成するだけの関係です。

「何だろ?」と思いながら電話に出ました。

▲納税者

「なんか、大勢税務署の人が突然来て、会社中をしらみつぶしに捜索しているんですが、行政書士の先生は海外旅行で不在で、連絡するところは先生のところしかなったものですから・・・」

■会計事務所

「そうなんですか」

「税務署の人は近くにいますか?」

▲納税者

「はい、いますよ」

「替わりましょうか?」

■会計事務所

「お願いします」

●税務署

「国税局の資料調査課の税野と申します」

■会計事務所

「資料調査課ですか・・・」

「なにか、特別なことでもあるのですか?」

●税務署

「あるも、ないも、来てみれば分かりますよ」

とそっけない言い方です。

「今、社長と変わりますから」と言って、社長に替わってしまいました。

▲納税者(社長)

「ああ、先生」と元気のない声です。

■会計事務所

「調査に立ち会いましょうか?どうします?」

▲納税者

「ん~。来てくれる。」

もう、なんかふてくされたような感じです。

■会計事務所

「分かりました、これから伺います」

国税局の資料調査課か・・・・

これはただ事ではないな・・・

             To be continued

公認会計士・税理士・行政書士
井上 修
◆発行 アトラス総合事務所

無断転用・転載を禁止します。

本メールマガジンに掲載されている著作物に対する以下の行為は、著作権法上禁止されており、著作権侵害になります。

  • ○著作物を、私的利用の範囲を超えて権利者の許可なく複製する行為
  • ○著作物を、インターネット上で公衆が取得可能な状態にする行為
  • ○著作物の全部もしくは一部を権利者の許可なく改変する行為