03-3464-9333
(平日9:00~18:00)

週刊節税教室

住民税の住宅ローン控除

所得税・その他
第306号 2007/12/3

☆質問

「昨年から住宅ローン控除を受け始めたのですけれども、今年は年末

調整で控除できるとのことです」

「何か注意することはありますか?」

★回答

「今年から税源移譲により、給与から天引きされる所得税の金額が減

り、代わりに住民税の額が増えました」

「すると、昨年まで所得税から控除することができた住宅ローン控除額

が、今年は所得税の額が減ったことから控除しきれないケースが出て

きます」

☆質問

「なるほど、私の場合もそうなるかもしれません」

「でも、それでは困ります」

★回答

「安心してください」

「所得税で控除しきれなかった金額は住民税から控除できます」

☆質問

「あ~よかった」

「で、具体的にどのようにしたらよいのですか?」

★回答

「年末調整により会社で作成される給与所得の源泉徴収票の摘要欄に

住宅借入金等特別控除可能額が記入されます」

「そして、この源泉徴収票とともに市民税・県民税住宅借入金等特別税

額控除申告書を、今回の場合は平成20年3月17日までに市区町村に提

出することになります」

☆質問

「なるほど、そうすると来年の6月以降給与から天引きされる住民税が

安くなるのですね?」

★回答

「そのとおりです」

公認会計士・税理士・行政書士
井上 修
◆発行 アトラス総合事務所

無断転用・転載を禁止します。

本メールマガジンに掲載されている著作物に対する以下の行為は、著作権法上禁止されており、著作権侵害になります。

  • ○著作物を、私的利用の範囲を超えて権利者の許可なく複製する行為
  • ○著作物を、インターネット上で公衆が取得可能な状態にする行為
  • ○著作物の全部もしくは一部を権利者の許可なく改変する行為