03-3464-9333
(平日9:00~18:00)

週刊節税教室

自動車重量税廃車還付制度

その他の税金
第174号 2005/3/14

☆質問

『新車を購入しましたが、いろいろ付帯費用がついて予算をオー

バーしてしまいました』

『自動車リサイクル法によるリサイクル料とか自動車重量税とか、

 ばかにならない額です』

『リサイクル料って何ですか?』

★回答

自動車リサイクル法(使用済自動車の再資源化等に関する法律)

により、自動車の所有者が自動車のリサイクル料を負担するよう

になったのです。

☆質問

『では、自動車重量税とはどんな税金なのですか?』

★回答

重量税は、車検などの際に自動車の重量等に応じて課税される国

税で、国や市区町村の道路建設や道路整備の財源になっている税

金です。

この重量税が自動車リサイクル法の施行と同時に還付される制度

ができました。

☆質問

『そうなんですか?』

『どのような時に重量税が還付されるのですか?』

★回答

所有している自動車を廃車したときです。

そして、廃車した自動車の車検期間が1ヶ月以上残っている場合

です。

☆質問

『なるほど』

『それで、還付手続きはどのようになるのですか?』

★回答

廃車する自動車を自動車リサイクル法に基づいて解体して、解体

を事由とする永久抹消登録申請又は解体届出と同時に運輸支局等

に還付申請を行います。

すると税務署から税金が還付されます。

☆質問

『どのくらいの額が還付されるのですか?』

★回答

車両重量が1.5t超~2.0t以下の乗用車の重量税は50,400円です

が、これを車検期間7ヶ月残して廃車した場合は、14,700円の税

金が還付されます。

☆質問

『私は、自動車のほかに古いオートバイを所有していますが、こ

れを廃車すれば重量税が還付されますか?』

★回答

いいえ、オートバイは自動車リサイクル法の対象外なので、自動

車重量税還付制度の対象とはなりません。

残念でした!

公認会計士・税理士・行政書士
井上 修
◆発行 アトラス総合事務所

無断転用・転載を禁止します。

本メールマガジンに掲載されている著作物に対する以下の行為は、著作権法上禁止されており、著作権侵害になります。

  • ○著作物を、私的利用の範囲を超えて権利者の許可なく複製する行為
  • ○著作物を、インターネット上で公衆が取得可能な状態にする行為
  • ○著作物の全部もしくは一部を権利者の許可なく改変する行為