03-3464-9333
(平日9:00~18:00)

週刊なるほど!消費税

消費税還付スキーム封じ込め改正
自動販売機スキーム

第332号 2010/8/9

☆【生徒】

消費税を意図的に還付することに対する改正があったと聞きましたが、具体的

に教えてください。

★【先生】

自動販売機スキームと言われる消費税の還付を意図的にする方法を封じ込め

る改正がありました。

☆【生徒】

消費税還付の封じ込め策ですか・・・

★【先生】

アパートを建築して、その建築費にかかる消費税を支払っても、アパートの家賃

は消費税が非課税なため、預った消費税はゼロになります。

消費税は、支払った消費税が預った消費税より多い場合、その差額だけ納税者

に還付されることになっています。

しかし、預った消費税がゼロの場合、いくら建築費で消費税を支払っても、制度上

消費税は還付されません。

☆【生徒】

つまり、消費税がかかる売上である課税売上がない場合は、消費税の還付はされ

ないということですね?

★【先生】

そうです

☆【生徒】

だから、アパートの建築現場に飲み物の自動販売機を設置して、課税売上を無

理やり計上するのですね?

★【先生】

そのとおりです。

そうすれば自動販売機の売上で預った消費税と建築費にかかる支払った消費

税との差額分だけ消費税が還付されます。

☆【生徒】

なるほど。

★【先生】

改正前の消費税法においても、このようなスキームに対して還付された消費税を返

還してもらう制度があります。

☆【生徒】

一度還付された消費税を納税者が返還する制度があるのですか?

★【先生】

「調整対象固定資産に関する課税仕入にかかる消費税額の調整」という制度です。

☆【生徒】

何か、難しい調整のようですね・・・

来週、具体的に教えてください。

公認会計士・税理士・行政書士
井上 修
◆発行 アトラス総合事務所

無断転用・転載を禁止します。

本メールマガジンに掲載されている著作物に対する以下の行為は、著作権法上禁止されており、著作権侵害になります。

  • ○著作物を、私的利用の範囲を超えて権利者の許可なく複製する行為
  • ○著作物を、インターネット上で公衆が取得可能な状態にする行為
  • ○著作物の全部もしくは一部を権利者の許可なく改変する行為