週刊税務調査日記

イタリアンレストランの調査(3)

第452号 2019/12/27

無予告での調査を断った後の実地調査が始まりました。

●税務署

「先日は失礼いたしました」

「改めて調査を開始させていただきます」

★納税者

「その前にちょっといいですか」

「先日、無予告で調査に来た時に、この調査は任意調査で、都合が悪ければ断ることができる、というような説明がなかったのですが、それってあってもいいですよね?」

●税務署

「・・・」

★納税者

「そういう説明があれば、私はあなた方を自宅に入れることもなかったですよ」                         」

●税務署

「いや~ いつも通りの手順を踏んでやらせていただいたはずですが」

★納税者

「そうとは思えませんがね」

■会計事務所

「もうちょっと丁寧な説明が必要だと思いますよ」

「もう昔からこうやっているなんて言うことは、通じないと思いますがね」

「まぁ いつまでもこんなこと言っていても仕方ないので、調査を始めてください」

●税務署

「では、帳簿を見せていただけますか?」

★納税者

「はい どうぞ」

●税務署

「会社の通帳を見せていただけますか」

●税務署

「はい、どうぞ」

●税務署

「社長個人の通帳も見せていただけますか?」

★納税者

「私の個人の通帳ですか?」

●税務署

「そうです」

つづく

公認会計士・税理士・行政書士
井上 修
◆発行 アトラス総合事務所

無断転用・転載を禁止します。

本メールマガジンに掲載されている著作物に対する以下の行為は、著作権法上禁止されており、著作権侵害になります。

  • ○著作物を、私的利用の範囲を超えて権利者の許可なく複製する行為
  • ○著作物を、インターネット上で公衆が取得可能な状態にする行為
  • ○著作物の全部もしくは一部を権利者の許可なく改変する行為