03-3464-9333
(平日9:00~18:00)

週刊税務調査日記

ロングランの調査 (4)

第388号 2012/7/25

税理士の立会いなしに昨日から調査は開始されていました。

東京からわざわざ熊本に出張して来た調査官が、指をくわえて待機しているわけにはいかないのでしょう。

しかし、ルール違反であることは明らかです。

●税務署

「話を元に戻しますが、期末に大量の電子機器を購入していますが、この点についてどのようにお考えですか?」

▲納税者

「実際に必要だから買っただけです」

●税務署

「こんなに大量に」

▲納税者

「そうです」

「大量に買って何か問題がありますか?」

●税務署

「いや、実際に期末までに事業で使っているのかと思いまして」

▲納税者

「使ってないと何か問題がありますか?」

■会計事務所

「期末近くで購入した電子機器は、すべて10万円未満ですので、全額損金で計上しています」

「その電子機器を損金で計上できるのは、期末までに事業の用に供していることが必要なんです」

▲納税者

「なるほど、それで期末までに事業で使っているかどうかということを調査官は聞いているのですね」

●税務署

「そういうことです」

「で、いかがですか?」

▲納税者

「期末までに事業で使ったに決まっているでしょ!」

「だから損金で計上したんです!」

●税務署

「ではどのように事業の用に供したか、説明してください」

▲納税者

「どのようにって、新製品の開発のために使いましたけれど」

●税務署

「そんなにすぐに使えるものなんですか?」

▲納税者

「使えますよ」

「配線して電源を入れればすぐ使えます」

「パソコンと一緒ですよ」

               つづく

公認会計士・税理士・行政書士
井上 修
◆発行 アトラス総合事務所

無断転用・転載を禁止します。

本メールマガジンに掲載されている著作物に対する以下の行為は、著作権法上禁止されており、著作権侵害になります。

  • ○著作物を、私的利用の範囲を超えて権利者の許可なく複製する行為
  • ○著作物を、インターネット上で公衆が取得可能な状態にする行為
  • ○著作物の全部もしくは一部を権利者の許可なく改変する行為