03-3464-9333
(平日9:00~18:00)

週刊税務調査日記

建設会社の調査 (6)

第185号 2005/11/21

外注先に現金で代金を支払っている理由が、その現金で外注先の社長と一杯やるためだということが分かりました。

なんとも情けないような理由ですが、これで事実が判明しました。

●税務署

「ふ~ 分かりました」

調査官は、大きくため息をつきました。

▲納税者

「すみません」

「うちの社長、チョッと変なんです」

●税務署

「いや 平気ですよ・・・」

「そしたら、外注先の住所が分かる資料はありますか?」

▲納税者

「外注先リストみたいなものですか?」

●税務署

「そうです」

▲納税者

「ん~ リストは作ってないんですよね」

●税務署

「そうですか」

「外注先の請求書から拾うしかないですか?」

▲納税者

「そうですね」

●税務署

「は~ 分かりました」

そして、調査官は外注先からの請求書をひっくり返して、外注先の名称と住所と請求金額を書き出しました。

この作業が始まると、税務調査も終わりが近いことになります。

調査官が書き出した外注先の情報は、外注先への税務調査時の照合資料となるのです。

いわゆる反面調査の資料です。

●税務署

「これで本日の調査を終了いたします」

「ありがとうございました」

こうして建設会社の税務調査は終了しました。

調査官は、この後に納税者の取引先金融機関に行って、銀行口座をチェックします。

そして、必要があれば取引先へ行って反面調査をすることもあります。

公認会計士・税理士・行政書士
井上 修
◆発行 アトラス総合事務所

無断転用・転載を禁止します。

本メールマガジンに掲載されている著作物に対する以下の行為は、著作権法上禁止されており、著作権侵害になります。

  • ○著作物を、私的利用の範囲を超えて権利者の許可なく複製する行為
  • ○著作物を、インターネット上で公衆が取得可能な状態にする行為
  • ○著作物の全部もしくは一部を権利者の許可なく改変する行為