03-3464-9333
(平日9:00~18:00)

週刊税務調査日記

思いも寄らない調査(5)

第72号 2003/8/4

他人名義の通帳に預金されているお金の出所について調査官がしつこく聞いています。

社長はいろいろ言い訳を言っていますが、どうも分が悪いです。

他人名義の通帳には千万円単位のお金が入っています。

10万、20万のお金ではありません。

調査官がしつこく聞くのも無理ありません。

調査官は仮名口座の預金が会社の裏金であることを社長に認めさせて、いかにして裏金を作ったかを聞き出そうとしているのです。

●税務署

「社長、この仮名口座のお金は裏金なんではないのですか?」

▲納税者

「俺の金だよ」

●税務署

「社長の金なら、何で他人名義の通帳に入れてるんですか?」

▲納税者

「・・・・・・・」

●税務署

「答えられないんでしょ」

「もういい加減に認めなさいよ」

▲納税者

「・・・・・」

●税務署

「ダンマリですか・・・」

「仮名口座はどこの銀行だ」と言いながら調査官が通帳を手にしました。

「○○信用金庫か、仮名口座を作って利用させてるなんてとんでもない銀行だな」

「社長が口を割らないのなら、銀行に行ってチョッとねじを巻いてくるしかないな・・」

そう言うと社長の表情が変わりました。

▲納税者

「え・・・」

●税務署

「社長本当に行きますよ、私は」

▲納税者

「そんなことしないでよ・・・」

●税務署

「これが私の仕事だから、やりますよ」

▲納税者

「・・・・・・・・・」

「わかったよ」

「これは会社で作ったお金ですよ・・・」

とうとう社長が吐きました。

              To be continued

公認会計士・税理士・行政書士
井上 修
◆発行 アトラス総合事務所

無断転用・転載を禁止します。

本メールマガジンに掲載されている著作物に対する以下の行為は、著作権法上禁止されており、著作権侵害になります。

  • ○著作物を、私的利用の範囲を超えて権利者の許可なく複製する行為
  • ○著作物を、インターネット上で公衆が取得可能な状態にする行為
  • ○著作物の全部もしくは一部を権利者の許可なく改変する行為