03-3464-9333
(平日9:00~18:00)

週刊税務調査日記

税務署に頭を下げた調査(6)

第41号 2002/12/16

税務署員の前で机にオデコがつくくらい頭を下げてお願いしても、相手の態度は変わりません。

■会計事務所

「申し訳ございません。何とかなりませんか。お願いいたします。」と言って、再度深々と頭を下げました。

●税務署

「さっきから先生の言うことを聞いていると、顧問先が無くなるとか、今回のミスを見逃してくれとか、そんなことばかりじゃないですか」

「そうではなくて、いかにしたらそのようなミスが無くなるのか、ということを考えなくてはだめなんではないですか」

嫌みたっぷりに言葉を浴びせ掛けてきます。

「おまえに言われなくても、そんなこと分かってら・・・」

と煮え繰り返った腹の中で叫びます。

だんだん私も血圧が上がってきました。爆発寸前です。

■会計事務所

「これだけお頼みしてもダメですか?」

●税務署

「先ほどから申し上げているとおり、そんなことはできません」

■会計事務所

プツン・・と私の中で煮え繰り返った腹の中で消火活動をしている消防隊を支えていた「いのち綱」がとうとう切れてしまいました。

「もういいや。人間誰しも間違いがあるのに、ここまで丁重にお願いしてダメなら仕方ない」と私の腹は決まりました。

いままで小学生が緊張した面持ちで、先生の前で足をそろえて椅子に座っていたような状態から、足を組み背中を椅子にどっかりと当て、片手だけ手をテーブルに置き、身体を斜(はす)に構えて態度を豹変させました。

「分かりました。これだけお願いしてもダメならしかたありません」

「もう頼みません。結構です。好きにしてください」

「では失礼します」と言って席を立ちました。

正直に言うと、態度を豹変させたのも計画的です。

頼んでもダメなら開き直ろうと初めから思っていました。

この結果、今後どのように調査官が対応してくるのかは分かりません。

もう、「なるようになれ」です。

時には開き直りも大事です。

              To be continued

公認会計士・税理士・行政書士
井上 修
◆発行 アトラス総合事務所

無断転用・転載を禁止します。

本メールマガジンに掲載されている著作物に対する以下の行為は、著作権法上禁止されており、著作権侵害になります。

  • ○著作物を、私的利用の範囲を超えて権利者の許可なく複製する行為
  • ○著作物を、インターネット上で公衆が取得可能な状態にする行為
  • ○著作物の全部もしくは一部を権利者の許可なく改変する行為