03-3464-9333
(平日9:00~18:00)

週刊節税教室

源泉徴収 10%か? 20%か?

所得税
第359号 2009/4/11

☆質問

「会社で新しく出版事業を展開することになりました」

「作家の方に原稿料を支払うのですが、税務上注意すべきことはありますか?」

★回答

「作家個人に対して原稿料を支払う場合、源泉所得税を天引きして支払う必要があります」

☆質問

「給料を支払うのと同様に源泉所得税を支払額から預るのですね?」

★回答

「そうです」

☆質問

「税率は何%になりますか?」

★回答

「支払額が100万円までは10%で、100万円を超える支払いの場合は、超える部分は20%になります」

☆質問

「作家さんには、150万円原稿料を支払いますので、100万円に対して10%で10万円、100万円を超える50万円に対しては20%の10万円で合計20万円を源泉所得税として天引きするということですね?」

★回答

「そのとおりです」

☆質問

「え~、そうすると作家さんの手取りは130万円になって、作家さんから手取りが少ないと文句を言われそうです・・・」

「何とか手取りを少しでも多くする方法はないですか?」

★回答

「あります」

「所得税法では、支払金額が100万円を超えるかどうかは、1回の支払金額で判断します」

☆質問

「1回の支払金額ということは、作家さんとの原稿料の契約金額が150万円であっても、これを75万円ずつ2回に分けて支払えば、1回の支払金額がいずれも100万円以下になります」

「したがって、75万円の10%を2回、つまり15万円だけ源泉徴収をすればよいということですか?」

★回答

「そのとおりです」

「そうすれば作家さんの手取りは135万円になります」

☆質問

「なるほど、分割して支払うだけで節税になるのですね・・・」

公認会計士・税理士・行政書士
井上 修
◆発行 アトラス総合事務所

無断転用・転載を禁止します。

本メールマガジンに掲載されている著作物に対する以下の行為は、著作権法上禁止されており、著作権侵害になります。

  • ○著作物を、私的利用の範囲を超えて権利者の許可なく複製する行為
  • ○著作物を、インターネット上で公衆が取得可能な状態にする行為
  • ○著作物の全部もしくは一部を権利者の許可なく改変する行為