03-3464-9333
(平日9:00~18:00)

週刊節税教室

簡易課税の選択に経過措置

消費税
第165号 2005/1/10

        新年、明けましておめでとうございます。

         今年もよろしくお願いいたします。

☆質問

『私は今年から消費税の納税義務者になりました』

『消費税の申告方式が2通りあるとのことですが、よく分かりません。ど

のように対応したらよいのですか?』

★回答

消費税の申告方式には本則課税方式と簡易課税方式の2種類があり

ます。

本則課税方式は「預った消費税」から「支払った消費税」を差し引いて

納税額を求めるもので、簡易課税方式は、売上高に事業区分ごとに

定められているみなし仕入率を掛けることにより簡易に納税額を求め

るものです。

ところで2年前の消費税のかかる売上高(課税売上高)はいくらでした

か?

☆質問

『4千万円くらいです』

★回答

簡易課税方式を選択できる事業者は、2年前の課税売上高が5千万

円以下の事業者ですから、あなたは簡易課税を選択することができま

す。

☆質問

『簡易課税を選択するには、前年の12月31日までに選択の届出が必

要であると耳にしたのですが、今からでも選択できるのですか?』

★回答

本来は、おっしゃるとおり選択しようとする年の前年末までに選択届

出書を提出しなければなりません。

しかし、今年(平成17年)は、個人事業者にとって改正消費税法が適

用される初年度であることから、今年だけ経過措置がとられているの

です。

☆質問

『それはどのような経過措置なのですか?』

★回答

平成17年に消費税の課税事業者になる個人事業者で、前年が免税

事業者である者については、平成17年中に簡易課税の選択届出書を

税務署に届け出れば、平成17年について簡易課税を適用できるという

ものです(法人にも経過措置があります)。

☆質問

『なるほど。これからでも間に合うということですね?』

★回答

そういうことです。

本則課税方式で申告する場合と簡易課税方式で申告する場合の納税

額を試算して、いずれか有利な申告方式を選択すれば節税になります。

☆質問

『しかし、どのように試算したらよいか分かりません』

★回答

それでしたら、当事務所が運営している「消費税パーフェクトガイド.com

」というホームページを見てください。

            http://www.shohi.com/

簡易課税と本則課税(原則課税)のシミュレーションがここでできます。

☆質問

『へ~ すごいですね』

★回答

また、当事務所では、本則課税と簡易課税のシミュレーションも請け負

っていますので、面倒な方はこちらもご利用ください。

   http://www.cpainoue.com/gyomu/a_shohizei_sim.html    

☆質問

『簡易課税の選択は、17年中に届け出なくてはならないことから、早め

に税務署に届け出ようと思いますが、一度届け出たらもう今年は本則課

税に戻れないのですか?』

★回答

いいえ、一度簡易課税選択の届出をしても、今年中に取り下げの手続き

をすれば本則課税を適用することができます。

いずれの申告方式が得かを十分検討した上で選択する必要があります。

なお、消費税は難解な税制ですので、我々専門家を利用することをお奨

めいたします。

消費税の質問した時間だけ料金を支払う便利なシステムがあります。

           http://www.shohi.com/ouen/ouen05.html

消費税のエキスパートが分かりやすくお答えいたしますので、ぜひご利

用ください。

公認会計士・税理士・行政書士
井上 修
◆発行 アトラス総合事務所

無断転用・転載を禁止します。

本メールマガジンに掲載されている著作物に対する以下の行為は、著作権法上禁止されており、著作権侵害になります。

  • ○著作物を、私的利用の範囲を超えて権利者の許可なく複製する行為
  • ○著作物を、インターネット上で公衆が取得可能な状態にする行為
  • ○著作物の全部もしくは一部を権利者の許可なく改変する行為