03-3464-9333
(平日9:00~18:00)

週刊節税教室

1円株式会社で消費税免税

消費税
第78号 2003/4/7

☆質問

『最低資本金規制特例による1円会社の制度を利用して会社を設立するケース

が多いと聞きましたが、本当にそうなのですか?』

★回答

はい、確かにお問い合わせも多いです。

気軽に作れるということと1千万円の資金がなくても株式会社を作れるという

ことで、この制度を利用する方は増えています。

☆質問

『そうですか。でも本当に資本金1円で会社を作った人はいましたか?』

★回答

今までのところ最低で資本金100万円というところです。

☆質問

『ところで、資本金が1千万円未満の株式会社を作る人は、どのような理由で

作るのですか?』

★回答

資金的な理由が多いですね。

なかなか1千万円となると資金集めも大変みたいです。

株式会社を作りたかったけれども、手許に1千万円の資金がなくて諦めていた

人には、この1円会社の制度は朗報です。

それと資本金1千万円未満の株式会社は消費税の扱いが有利になります。

☆質問

『どのように消費税が有利になるのですか?』

★回答

消費税は法人の場合、2期前の売上高を基準に納税義務者になるかならない

かを判断します。

新設会社はこの2期前がありません。

☆質問

『確かに作ったばかりの会社に1期前も2期前もないに決まっています。

 そうすると、2期前ができるのは設立してから3期目だから、1期目と2期目は

 無条件で消費税の納税義務者にならないということですか?』

★回答

はい、資本金1千万円未満の会社であれば設立1期目と2期目は消費税の納

税義務はありません。

この1円会社の制度ができる前は、株式会社の最低資本金は1千万円ですか

ら、設立1期目と2期目の消費税の納税義務が免除されませんでした。

しかし、1円会社の制度を使えば990万円の株式会社も作れるわけです。

そうすれば設立1期と2期は消費税を納める必要がないのです。

☆質問

会社をはじめて1期目と2期目で消費税を申告して納税しなくてよいというのは

魅力ですね。

★回答

そのとおりです。

公認会計士・税理士・行政書士
井上 修
◆発行 アトラス総合事務所

無断転用・転載を禁止します。

本メールマガジンに掲載されている著作物に対する以下の行為は、著作権法上禁止されており、著作権侵害になります。

  • ○著作物を、私的利用の範囲を超えて権利者の許可なく複製する行為
  • ○著作物を、インターネット上で公衆が取得可能な状態にする行為
  • ○著作物の全部もしくは一部を権利者の許可なく改変する行為