03-3464-9333
(平日9:00~18:00)

週刊税務調査日記

贈答が問題になった調査(2)

第408号 2014/7/29

●税務署

「商品券も得意先に配っているのですか?」

★納税者

「ええ 盆暮れに得意先に渡しています」

●税務署

「得意先の誰に渡しているのですか?」

★納税者

「A社の専務です」

●税務署

「どのように渡しているのですか?」

★納税者

「手渡しです」

●税務署

「直接会って渡したのですね?」

★納税者

「そうだと思います」

●税務署

「いつ渡しましたか?」

★納税者

「ん~ 確か12月のはじめだと思うのですが・・・」

●税務署

「A社の専務と連絡は取れますか?」

★納税者

「ええ 取れますけど・・・」

●税務署

「今電話してもらえますか?」

★納税者

「今ですか?」

「それはチョット・・・」

●税務署

「ダメですか?」

★納税者

「大切な得意先なので、電話して税務署の人が出るとなると、印象はよくないですよね・・・」

●税務署

「でも、本当に渡したという確認を取りたいんですよね」

税務署は、納税者が本当に商品券を得意先に渡したのかを疑っています。

得意先に渡さないで自分で使った、もしくはチケットショップで換金したのではないかと疑っているのでしょう。

                           つづく

公認会計士・税理士・行政書士
井上 修
◆発行 アトラス総合事務所

無断転用・転載を禁止します。

本メールマガジンに掲載されている著作物に対する以下の行為は、著作権法上禁止されており、著作権侵害になります。

  • ○著作物を、私的利用の範囲を超えて権利者の許可なく複製する行為
  • ○著作物を、インターネット上で公衆が取得可能な状態にする行為
  • ○著作物の全部もしくは一部を権利者の許可なく改変する行為