03-3464-9333
(平日9:00~18:00)

アトラスNEWS ~Monthly 税務・経営・節税情報~

労務・社会保険事務の注意点

第172_2号 2008年9月

1. はじめに

厚生年金保険料が改定になったり、最低賃金の額が改定になったりと、今月と来月の労務、社会保険事務には注意が必要です。 9月、10月の労務、社会保険事務で気をつけなければならないことについて、簡単に見ていきましょう。

2.労働保険料の納期限(第2期分)が延期

概算保険料額が年間で40万円以上の場合には、労働保険料を3回に分けて納付することができます。この場合の納付期限は、1回目が5月20日、2回目が8月31日、3回目が11月30日となっています。

今年は、2回目の労働保険料の納付期限が延長されています。厚生労働省での納付書の準備が遅れてしまったようです。

今年の2回目の納付期限は9月30日となっています。9月中旬に、会社に納付書が届く予定になっていますので、忘れずに納付するようにしましょう。

3.厚生年金保険料が改定されました

厚生年金保険料が9月分から変わります。新保険料率は 76.75/1000 です。

厚生年金保険料は、1ヶ月遅れで徴収されますので、給与計算の際に新保険料率を適用するのは、10月支給の給与からとなります。ただし、賞与を計算するときには、9月支給の賞与から新保険料率を適用させますので注意が必要です。

なお、健康保険料と介護保険料に変更はありません。

4.給与計算時に算定基礎届を反映させます

7月に社会保険事務所などに提出した算定基礎届で、新標準報酬が決定します。標準報酬とは保険料算定の基礎となる等級のようなものです。

この新標準報酬は9月分から適用になります。社会保険料は1ヶ月遅れで徴収されるので、新標準報酬を適用させるのは、10月支給の給与計算時となります。10月支給の給与計算時には、厚生年金保険料の改定とともに、この標準報酬の変更にも注意が必要です。

5.最低賃金額が変更になります

従業員を雇用するときには、賃金額を決めなければなりません。賃金額には最低額が決められており、この最低額を下回る賃金で従業員を雇用することはできません。この最低額を最低賃金といいます。

最低賃金の額が10月から改定される予定です。最低賃金額は都道府県によって異なりますが、東京都は1時間あたり766円になる予定です。この額を下回る賃金で雇用している従業員がいる場合には、賃金額を見直さなければなりません。

6.外国人雇用状況届出が必要です

平成19年10月1日から外国人の雇用状況の届け出が義務付けられています。平成19年10月1日以後に入社した外国人については、雇用保険被保険者資格取得届、雇用保険被保険者喪失届を使って届出が可能です。

平成19年10月1日前に入社した外国人で、まだ届出が済んでいない場合には、平成20年10月1日までに届け出なければなりません。

アトラス総合事務所
◆発行 アトラス総合事務所

 無断転用・転載を禁止します。